高血圧は生活習慣病と言われる、現代人には多い症状です。ただ血圧が高いだけと思われている人もいますが、高血圧は脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの引き金となり得るものです。では高血圧とは具体的にどれくらいの血圧のことをいうのか?どのような症状がでたら高血圧と思えばいいのか?

たくさんの薬
  • ホーム
  • 24時間効く高血圧治療薬といえば「ミカルディス」

24時間効く高血圧治療薬といえば「ミカルディス」

血圧を測定させる人

ミカルディスは有効成分テルミサルタンの働きで、体内のRAA系という血圧上昇の仕組みを途中でブロックすることで降圧効果をもたらす高血圧治療薬です。
ミカルディスと同様の作用で効き目をあらわす薬はARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬という降圧剤のグループで高血圧治療薬の中では比較的新しく、それ以前からあった薬で問題視されていた副作用を極力抑えて血圧をしっかり下げる薬として開発されました。
そのARBの中でもさらに新しい第2世代のミカルディスは同じテルミサルタンを有効成分にしたジェネリック医薬品を含め着実に処方数を増やしています。

ミカルディスを含むARB系統の薬は効果的に血圧を下げる効能以外にも、心臓や腎臓などの臓器が血圧を上げる物質の影響で硬化して機能が衰え得るのを防ぐ臓器保護作用も持つため、心不全や腎硬化症などの治療や予防にも役立ちます。
さらにミカルディスには血糖値改善効果も有しており、降圧以外の効果も期待できる高血圧治療薬として、他の持病も多い高齢の人への処方薬として非常に適した面を持っています。
ARB系統の中で血圧を下げる作用が最も強力で臓器保護作用や血糖値を下げることにも役立つ頼もしい薬です。

数ある高血圧治療薬の中でも新しいタイプのミカルディスは重篤な副作用を起こしにくい安全性の高さにも信頼が寄せられていますが、どの高血圧症治療薬でも服用開始直後に生じやすくなる血圧の下がり過ぎによるめまいや立ちくらみ、頭痛といった症状には注意が必要で薬が身体に慣れるまでの間は服用直後の車の運転や高所での危険な作業は避けたほうが良いとされます。
ミカルディスなどARBは体内のカリウムを減らす作用も阻害してしまうため、カリウムが増えすぎて起こる副作用の一つ高カリウム血症を招かないためにも、定期的に医師の診察や血液検査を受けてカリウム量や肝機能・腎機能を確認してもらう必要があり、健康全般を守るためにも適切な診察を受けることが大切です。

効果持続時間が長く、一日を通して効く降圧剤

有効成分テルミサルタンによって優れた降圧効果を発揮するミカルディスは、ARB系統の高血圧治療薬が降圧作用のほかに併せ持つ臓器保護作用だけでなく、血糖値改善効果も期待できる処方薬です。
数ある降圧剤の中でも比較的新しく登場したタイプということで重篤な副作用を起こす心配が少ないことからも医師の間で信頼されており、高血圧症の長期維持療法に役立てられています。
ミカルディスは1日1回の服用で24時間効果が持続する作用時間の長さでも重宝されており、生命の危険も伴う高血圧症による動脈硬化や血栓が原因となる症状を防ぐことにも貢献しています。

ミカルディスの有効成分テルミサルタンは服用後に血中濃度が約半分になる時間を示す半減期が20時間から24時間とされ、濃度が半分になるといっても薬効はその後も続くことから、うっかり飲み忘れてしまったとしてもすぐに高血圧の症状が悪化する心配が少ない点も安心できるポイントです。
ミカルディスが誇る作用時間の長さは、高血圧症が原因で起こる心臓や血管の危険な症状を抑えることにも役立っており、高齢になるにつれて高まってくるそれらの発症リスク低減も期待されています。

服用後24時間以上にわたってしっかりと降圧効果をもたらすミカルディスは、夜から早朝にかけて血圧が上昇しやすい人にとって非常に頼もしい薬で、特に夜中や明け方に突如発症し生命の危機に直結する脳梗塞や心筋梗塞などの発症を抑えることに繋げられます。
ミカルディスは1日1回の服用で高血圧症が抱える多くのリスクへの対策に役立ち、副作用が生じやすい高齢の人も安心して長期間服用できるメリットの多い薬です。
ほかの降圧剤同様に飲み合わせ注意の医薬品が少なくないため、何らかの症状で市販薬を服用する際は医師や薬剤師に確認しておくほうが安心です。