高血圧は生活習慣病と言われる、現代人には多い症状です。ただ血圧が高いだけと思われている人もいますが、高血圧は脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの引き金となり得るものです。では高血圧とは具体的にどれくらいの血圧のことをいうのか?どのような症状がでたら高血圧と思えばいいのか?

たくさんの薬
  • ホーム
  • 副作用が少ない高血圧薬といえば「アダラート」

副作用が少ない高血圧薬といえば「アダラート」

血圧を測定する女の医者

高血圧症治療薬アダラートは有効成分ニフェジピンの働きで、血管を収縮させるカルシウムイオンが流入口から血管壁に入るのをブロックして血管を拡張して降圧作用をもたらします。
アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれるグループの降圧剤で、血管に直接働きかけて血圧を下げるため他の臓器などに影響しにくいことから副作用も抑えられており、その安全性の高さから高血圧症の治療で最初に処方される第一選択薬と定められています。
血糖や脂質、尿酸等への影響も少ないとされるアダラートは他の持病も少なくない高齢の患者にも投与されており、幅広い年齢層の高血圧治療として広く処方されている薬です。

アダラートの有効成分ニフェジピンが持つ優れた血管拡張作用は、心臓に栄養を送る血管である冠動脈も拡張させることが可能なため狭心症の治療にも役立てられており、特にけいれんによって起こる異型狭心症に対して有効と言われています。
さらにアダラートの血管拡張作用は心臓の血管だけでなく脳や腎臓のほか目の網膜など全身のさまざまな部位での血流改善にも役立つため、高血圧症や狭心症以外の治療に有効活用されることもあり、血管が収縮して起こる症状改善に貢献する薬でもあります。

アダラートは血小板の働きを抑制して血液を固まりにくくする作用も有していることから、血管の中で血液が固まって生じる血栓を防止する面からも狭心症の改善に役立つとされ、血栓によって発症のリスクが高まる心筋梗塞や脳梗塞の予防への有効性も期待される薬です。
アダラートは初期タイプから改良が重ねられ、錠剤やカプセルなどの形や効果の現れ方の違いから体質や症状に合わせて処方されます。
1日1回の服用で24時間効果が続くアダラートCR錠が現在最も多く処方されています。
初期タイプは即効性があり持続性を持たなかったため効き目が長持ちするアダラートL錠が生まれ、L錠よりも長時間効果が持続するCR錠が登場し現在に至ります。

飲み合わせに注意しましょう

有効成分ニフェジピンの作用で効果的に血管を拡張し優れた降圧効果を持つアダラートは、高血圧症治療の第一選択薬とされるカルシウム拮抗薬のグループに属する降圧剤です。
第一選択薬というのはその疾病に対して優れた効果効能を持つだけでなく、副作用が最も抑えられている薬が選ばれ、第一選択薬で効果がみられなかった場合に副作用の少なさよりも効果の高さ優先の第二選択の薬が使われることから、カルシウム拮抗薬は高血圧症治療薬の中でも特に副作用の発症リスクが低減されている種類の降圧剤と言えます。

安全性の高いカルシウム拮抗薬でも他の薬との飲み合わせなどから副作用が生じる恐れがあるため、アダラートに限らず有効性の高い薬の投与を受けている際は、医師の指示や用法用量をしっかり守って服用を続けることはもちろん、市販薬などとの併用にも十分注意しておく必要があります。
どの系統の降圧剤でも同じですが他の降圧剤との併用は血圧の下がり過ぎを招いてしまう恐れがあるため、アダラートを服用しつつも血圧が高めだからと言って他の降圧剤を勝手に併用することは避けるべきです。
他にも一部の心臓の薬や抗真菌抗薬、免疫抑制薬など併用注意の薬が多いため医師や薬剤師への確認が大切です。

アダラートを含むカルシウム拮抗薬はグレープフルーツとの相互作用によって薬効成分の分解が妨げられることから、血圧が下がり過ぎるという副作用が出る心配があります。
グレープフルーツの他スウィーティーやはっさく、夏みかんなどでも同様の副作用が生じるため、カルシウム拮抗薬の処方を受けている際はグレープフルーツ類は避けるべきです。
先に薬を服用して成分がある程度分解された後でも、グレープフルーツ等の分解阻害作用は長時間残り続けるため併用で副作用が出る心配があります。
柑橘類摂取の折はカルシウム拮抗薬との相互作用を起こさない温州みかんやオレンジ、レモンなどに限定し、アダラートの用法用量を守った服用の継続で副作用の心配を抑えながら有効な降圧効果を得ることができます。