高血圧は生活習慣病と言われる、現代人には多い症状です。ただ血圧が高いだけと思われている人もいますが、高血圧は脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの引き金となり得るものです。では高血圧とは具体的にどれくらいの血圧のことをいうのか?どのような症状がでたら高血圧と思えばいいのか?

たくさんの薬
  • ホーム
  • 代表的な高血圧治療薬「ノルバスク」

代表的な高血圧治療薬「ノルバスク」

カプセル

ノルバスクは、ファイザーから販売されている世界的に知られる高血圧の治療薬で、一般名称はアムロジピンベシル酸塩です。
このアムロジピンはカルシウム拮抗剤とよばれる種類の治療薬であり、作用としては細胞内に流れるカルシウムを減少させることによって冠血管や末梢血管を弛緩させることで血圧を下げます。
その結果、狭心症による発作を起こしにくくする効果があります。

見た目は白色の錠剤であり、大きさはそこまで大きいわけではありません。
用法用量に関しては、成人に対してはアムロジピンとして2.5mgから5mgを1日1回経口投与すると効果が出るようになります。
6歳以上の子供にも投与することが可能であり、こちらはアムロジピンとして2.5mgを1日1回経口投与する決まりです。
また、子供の場合は5mgを超える量を飲まないことが定められています。

高血圧症の改善を行うことで狭心症や心筋梗塞などの重大なリスクを減らすことは可能ですが、薬効が穏やかに作用するという性質を持っているため緊急性のある不安定狭心症の場合には対処しづらい点を覚えておくようにしましょう。
ノルバスクには白色の錠剤タイプのもののほか、OD錠と呼ばれる口に溶けて摂取しやすいように設計されているタイプのものもあります。

食事による影響は少ないといわれています。
ですので、飲むタイミングに関しては食前でも食後でも問題なく服用できるため安心です。

注意点に関しては、薬局で処方してもらう際に処方箋を間違えてしまい別の似た名称の医薬品を飲んでしまうという可能性があることです。
薬局から処方してもらうときには、薬の名前に関しては気を配るようにします。
また、薬局の評判は調べておいたほうが望ましいでしょう。

また妊娠中や授乳中に該当する方は服用することが難しく、6歳未満の子供の投与は安全性が確立されていません。
薬の保存方法としては、日があたらない場所での保管や管理をしっかりと行うことが必要です。

副作用が少ない高血圧の標準的な治療薬

ノルバスクの最大の特徴としては、副作用による症状が少ないということも挙げられるでしょう。
ただ、副作用が少ないとはいえ、全くないわけではありません。
ですので、もしも副作用で諸症状が出てしまった場合においては、薬局や開発元のファイザーなどに問い合わせたり、医療機関で診てもらうなどの対処が必要となります。

主なノルバスク服用後に起こる副作用による症状は、服用後に顔のほてりやめまい・ふらつき・頭痛があります。
こうした副作用が起こる確率は全体の約4%といわれており、通常はそこまで気にすることはないといえるでしょう。
最も副作用が起こる可能性がある症状は顔のほてりですが、それさえも0.8%の確率であり安全性は高いといえます。

ただしまれに重篤な副作用として、劇症肝炎などの肝機能障害が起こる可能性があります。
何らかの異常に気付いた場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。
房室ブロックが0.1%未満起きて徐脈やめまいを引き起こすケースも考えられるためこちらも気づいた段階で医療機関を受診するようにします。

薬の飲み合わせに関しては、CYP3A4阻害剤などの治療薬との併用で副作用を強めてしまいますので注意しましょう。
グレープフルーツとの併用も副作用による症状を強める懸念から禁止です。

ノルバスクは確かに副作用が少なく、高血圧症にかかっている場合には標準的な治療薬として世界的な知名度がありますが、処方箋を間違えたり決まり事を守っていないと思わぬ症状を引き起こす可能性は否定できません。
医師や薬剤師の指導を守るとともに、薬の飲み合わせに関することなど気になったことは相談しておくようにすることが大事といえるでしょう。