高血圧は生活習慣病と言われる、現代人には多い症状です。ただ血圧が高いだけと思われている人もいますが、高血圧は脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの引き金となり得るものです。では高血圧とは具体的にどれくらいの血圧のことをいうのか?どのような症状がでたら高血圧と思えばいいのか?

たくさんの薬
色々なカプセル

今や国民病ともいわれている高血圧はありふれた病気といえます。
脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる重大な病気の原因にもなるため決して侮れません。
高血圧の治療は、こうした重大な病気を予防して健康寿命を延ばすことが目的となり、治療方法も確立し効果もはっきりしています。

治療が容易になったにもかかわらず、治療を受けていない人や血圧のコントロールができていない人が少なくないのも事実です。
高血圧とはどういう病気なのか、原因と症状、治療の基本を十分理解しておきましょう。

高血圧の定義とは?

高血圧は血圧が一定の水準以上の高い状態が続くことをいいます。
血圧は血液の量と血管の硬さによって決まります。
血液の量が多くなったり粘度が高くなったり、また血管が硬くなると血液が流れにくくなり血管の壁にかかる圧力が増し血圧値が高くなります。

高血圧と診断されるのは、病院などで測った血圧が最高血圧(収縮期)140mmHG以上、最低血圧(拡張期)90mmHG以上(140mm/90mm)の状態です。
自宅で測る場合ではそれより低く最高血圧135mmHG以上、最低血圧85mmHG以上(135mm/85mm)の状態であれば高血圧とされます。

収縮期血圧は心臓が収縮し血液が心臓から全身に送り出された状態の数値で最も高くなり、拡張期血圧は心臓が拡張したときの数値で、全身を循環した血液が肺動脈から心臓へ戻った状態で最も低くなります。
また家庭で測る場合と病院で測る場合に差がでるのは、気温などの環境や精神状態によって変動しやすいためです。
病院で医師や看護師に測ってもらうと緊張したり病院に入ることでストレスを感じ交感神経を刺激して上がるからで、これを「白衣性高血圧」といいます。

日本高血圧学会では2014年に「高血圧治療ガイドライン」を改訂しました。
新しいガイドラインは次のとおりです。また自分の血圧がどのレベルかを知っておきましょう。

  • 至適血圧:最高120mm未満かつ最低80mm未満
  • 正常血圧:最高120~129mm、最低80~84mm
  • 正常高値血圧:最高130~139mm、最低圧85~89mm
  • 1度高血圧:最高140~159mm、最低90~99mm
  • 2度高血圧:最高160~179mm、最低100~109mm
  • 3度高血圧:最高180mm以上かつ最低110mm以上
  • 孤立性収縮期高血圧:最高140mm以上かつ最低90mm未満

正常高値血圧というのは「高血圧の一歩手前で注意が必要なレベル」です。
孤立性収縮期高血圧は収縮期だけが特に高く動脈硬化が進んだ状態で、高齢者に多く見られます。

自分の血圧が正常値や正常高値にあると安心してしまいますが、実際にはそのレベルでも脳卒中や心筋梗塞などを発症する例は少なくありません。
例えば脳卒中の発症率が最も低いのはガイドラインのなかでは至適血圧のレベルです。
そのため最近では「血圧はできるだけ低めにコントロールするのがいい」とされています。

高血圧になりやすい人の特徴

日本人は3人に1人の割合で高血圧の状態にあるといわれており、その原因には次の3つの特徴があります。

日本人の最大の原因とされているのが食塩摂取量の多さです。世界のなかでも日本人は食塩を摂りすぎだといわれています。
減塩が広く意識され過去に比べれば減ってはきましたが、それでも現状は1日の食塩摂取量は平均10グラム以上で、WHO(世界保健機構)が推奨する食塩摂取量は1日5グラム未満ですからまだまだ大きな開きがあります。

食塩を摂り過ぎるとなぜ血圧が上がるのでしょうか。
私たちの身体には血液中の食塩(ナトリウム)濃度を一定に保つ機能が備わっています。
食塩をとると血液中のナトリウム濃度が高くなり、濃度を下げるために体内の水分が血液に集まります。
その結果、血液の量が増え血管を圧迫し血圧が上昇するのです。

比較的若い男性に見られる特徴が内臓脂肪型肥満によるもので傾向として増加しています。
内臓脂肪が多い人は過剰に分泌されるインスリンの働きによって腎臓でナトリウムの排泄が抑制され、血液中のナトリウム濃度が高くなります。
高くなったナトリウム濃度を一定の濃度まで薄めるため血液に大量の水分が取り込まれ、血圧が上昇することになります。

また過剰に分泌されたインスリンによって交感神経が刺激され副腎髄質からカテコールアミンというホルモンが放出されます。
カテコールアミンは末梢血管を収縮させる働きがあり血圧を上げる原因となります。
また内臓脂肪から分泌されるアンギオテンシノーゲンという物質には血管を収縮させる働きがあり血圧を上昇させます。

日本人の患者さんのうち約半数は親などから高血圧になりやすい体質を受け継いでいると言われています。
両親ともに血圧が高い数値の場合には症状が出る確率は約50%、片親の場合は約30%前後というデータもあって遺伝性があることは確かです。

なりやすい体質というのは塩分感受性(塩分の影響を受けやすい体質)やカルシウムの調節機能がよくない体質などがあります。
両親、祖父母、兄弟姉妹のなかに高血圧の人がいれば、自分にもリスクがあると考え、血圧に気を付けるようにしましょう。
また家族は生活習慣が似ているため、家族になかに高血圧の人がいるときには生活習慣(食事、飲酒、喫煙など)を見直してみましょう。

高血圧は初期症状がわかりづらい

高血圧は「サイレントキラー」(沈黙の殺人者)と呼ばれることがあります。
そのままにしておくと自覚症状がなく動脈硬化が進行し、ある日突然脳卒中や心筋梗塞など命にかかわる重大な病気を発症することになるケースがあるからです。
特に初期には頭痛など症状が少なくわかりづらい特徴があります。

強い圧力を受け続ける血管は圧力に耐えるため血管の壁が厚くなります。
そうすると血管の内部の血液の通り道が狭くなり壁にかかる圧力がさらに強くなり、弾力も失われて血管が硬くなります。
この状態が動脈硬化です。

動脈硬化が進行すると、コレステロールや脂質が血管内に溜まりやすくなります。
その結果、血管の内部がさらに狭くなり血液が通りにくく余計に血圧が上昇する悪循環に陥ってしまいます。
動脈硬化が進行するとさまざまな病気を発症するリスクが大きくなってきます。
発症する病気として主なものは「狭心症・心筋梗塞」「脳卒中(脳梗塞、脳出血など)」「心肥大」「心不全」などがあります。

高血圧は治療が必要な病気です。
軽い頭痛くらいの症状しかないため治療せずに放置したままにしておくと動脈硬化が進行することになるからです。

では血圧はどこまで下げればいいのでしょうか。
血圧を正常化するには目標値は140/90mmHG未満になります。
ただし腎臓病などの場合には腎臓を守るためにより低い血圧値が必要で、130/80mmHG未満に目標血圧を設定します。
また若い人も低い方が望ましくガイドラインでは若・中年の目標血圧は135/85mmHG未満としています。

治療をはじめるときには医師とよく相談し、目標血圧の設定と治療方法を決定し、医師の指導に従って行うことが大切です。
通常、治療は「生活習慣の改善」と「降圧薬による治療」の組み合わせで行われますが、生活習慣の改善が基礎的な治療法として推奨されています。

生活習慣の改善は、食塩摂取制限、野菜や果物の摂取、コレステロールや脂肪の摂取制限など食生活の改善、適正体重の維持、適当な運動、アルコール制限、禁煙が基本です。
食塩摂取制限は血圧を下げるだけでなく心臓や血管への影響もあり重要です。
個人差はありますが1日あたり1グラムの減塩は約1mmHGの降圧効果が期待できます。

生活習慣の改善による降圧効果に限界があると判断されれば降圧薬による治療が行われます。
降圧薬には多くの種類がありますが主なものは次のとおりです。

  • カルシウム拮抗薬
  • アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)
  • アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
  • 利尿薬